「Windows 10X」の開発は保留状態に − 当面は「Windows 10」のUI刷新に注力との情報

Microsoftの新OS「Windows 10X」と同OSを搭載したデバイスの登場は大幅に遅れており、、Petriが報じた最新の情報によると、Microsoftは「Windows 10X」を無期限に保留しており、年内に市場に投入される予定はないことが分かりました。

「Windows 10X」は当初は2画面デバイスに焦点を合わせたOSとして発表されたものの、その後、1画面デバイスへの搭載を先行して行うことが発表され、同OSを搭載した1画面デバイスは2021年に発売されると噂されてきましたが、現在はこの計画は完全に破棄されたようで、年内に同OSを搭載したデバイスが発売されることはないようです。

Microsoftは「Windows 10」のユーザーインターフェイスの刷新(コードネーム:Sun Valley)に注力しており、「Windows 10X」は後回しにされている模様。

この報道に対し、Windows CentralのZac Bowden氏も同様の情報を聞いていると報告しており、同社は今年2月に「Windows 10X」の内部テストを中断し、それ以降は再開していないようで、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。