新型「MacBook Pro 16インチ」は早ければ今夏にも発売か − 他の新型Macに関する情報も

本日、新型「MacBook Pro」の発売が2022年にずれ込む可能性があるとの情報をお伝えしたところですが、Bloombergが、関係者の話として、デザインが刷新された新型「MacBook Pro 16インチ」は早ければ今年の初夏に発売される予定だと報じています。

Appleはより高速なプロセッサや新しいデザインが特徴の新型Macを複数準備しており、早ければ今年の初夏に新型「MacBook Pro 16インチ」が発売される予定とのこと。

また、それに続いて、刷新された新型「MacBook Air」、新しいローエンドの「MacBook Pro 14インチ」、全く新しい「Mac Pro」が発売される予定で、さらに「Mac mini」のハイエンドモデルや、より大きなディスプレイを搭載した新型「iMac」の開発も進められており、これらのMacには現行のM1チップの性能や機能を大幅に上回る新型プロセッサが搭載される模様。

新型「MacBook Pro」の詳細

新型「MacBook Pro」は14インチと16インチの2モデルで発売される予定で、再設計された筐体、マグネット式のMagSafe充電器、ポートの拡充(Thunderboltポートの増加やHDMIおよびSDカードスロットの復活)が特徴となるようです。

また、「Jade C-Chop」と「Jade C-Die」というコードネームの2つのチップが新型「MacBook Pro」向けに計画されており、どちらも高性能コアが8つ、高効率コアが2つの計10コアになるようで、グラフィックスコアは16コアもしくは32コアの2つのバリエーションが提供される予定です。

さらに、M1チップでは最大16GBだったメモリも最大64GBまで搭載可能になり、機械学習タスクを処理するNeural Engineも改良され、Thunderboltポートが現行モデルよりも増設されます。

なお、この新型「MacBook Pro 16インチ」の発売に伴い、Intel製チップを搭載した「MacBook Pro」は販売終了となる見込み。



Mac miniやMac Proについて

上述した新型「MacBook Pro」と同じチップを搭載したハイエンドの新型「Mac mini」(コードネーム:J374)も開発しており、4つのThunderboltポートを搭載するとのこと。

新型「Mac Pro」について

新型「Mac Pro」の投入は来年に予定されており、新型「MacBook Pro」向けのチップの2倍または4倍の性能をもつ2種類のチップを搭載するようです。

「Jade 2C-Die」と「Jade 4C-Die」というコードネームで呼ばれている新型「Mac Pro」向けのチップは、16個または32個の高性能コアと4個もしくは8個の高効率コアで構成された20コアもしくは40コアのチップになるようで、グラフィックスは64コアと128コアの2種類が用意される模様。

なお、新型「Mac Pro」は数ヶ月前から開発が進められており、現行モデルの小型版のようなデザインになるそうです。

より大型の新型「iMac」

Appleは自社製チップを搭載したより大型の新型「iMac」の開発を進めてきたものの、「iMac 24インチ」の発売に集中する為、大型モデルの開発は数ヶ月前より一時停止されている模様。

新型「MacBook Air」について

新型「MacBook Air」は早ければ今年末に発売予定で、デザインが刷新され、「Staten」というコードネームで呼ばれているチップが搭載されるとのこと。

この「Staten」というチップは、M1チップと同じ数の高性能コアを搭載するものの、動作周波数が高められ、グラフィックスコアは7〜8コアから9〜10コアに増える予定で、Appleはこのチップを搭載したローエンドの「MacBook Pro 13インチ」の発売も計画しているようです。

1 COMMENT

匿名

売るものがなくなるから、
新型MacBook Proは年内に出ると思うけどなあ。
ただ、供給量は少ない気がする。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。