「Apple Music」のロスレスオーディオ、「AirPods」シリーズだけでなく「HomePod」も非対応

「Apple Music」のロスレスオーディオは「AirPods」と「AirPods Pro」と「AirPods Max」には対応していないことを別記事でお伝えしましたが、MacRumorsによると、「HomePod」と「HomePod mini」もロスレスオーディオに対応しないことが分かりました。

また、「HomePod」は空間オーディオに対応すると公式サイトに記載されているものの、「HomePod mini」まで含まれるのかどうかも現時点では不明とのこと。

さらに、「AirPods Max」はLightningポートが搭載されていますが、同ポートはアナログ出力ソースに限定されており、デジタルオーディオフォーマットにはネイティブに対応していないことから、有線接続でもロスレスオーディオは利用出来ないことも別記事で報じられています。

「Apple Music」のロスレスオーディオを利用するにはALACフォーマットに対応した有線ヘッドフォンが必要となり、ハイレゾロスレスについてはUSB D/Aコンバーターなどの外部機器が必要となっています。

なお、ロスレスオーディオの対応楽曲数は、サービス開始当初は2,000万曲で、年末までに7,500万曲以上のほぼすべてが対応する予定です。

「Apple Music」のロスレスオーディオは「AirPods Pro」や「AirPods Max」には未対応

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。