Android版「Apple Music」アプリの最新ベータ版からロスレスオーディオストリーミングに関する情報が見つかる

Appleはまもなく高音質版「Apple Music」こと「Apple Music HiFi」のサービスを開始するのではないかと噂されていますが、9To5Googleによると、Android向け「Apple Music」アプリの最新ベータ版からロスレスオーディオストリーミングに関する記述が見つかったことが分かりました。

「Apple Music for Android」の最新のベータ版(バージョン3.6)のシステムファイルを調査した結果、ロスレスオーディオストリーミングやロスレスオーディオファイルに関する記述が見つかったそうです。

その記述とは、ロスレスオーディオのオプションを有効化するとデータ消費量が大幅に増加することを警告する文面やロスレスオーディオファイルのデータ容量の使用量に関するものなどで、ロスレスオーディオファイルの保存可能曲数の目安は、10GBの場合で、高音質で約3,000曲、ロスレスで約1,000曲、ハイレゾロスレスで約200曲となる模様。

また、ロスレスオーディオストリーミングのデータ通信量は、3分程度の曲で下記の内容になるようで、楽曲の有無やネットワークの状況、接続されたスピーカーやヘッドホンの性能によって自動的にロスレスオーディオと標準オーディオを切り替えることが出来るようになるかもしれないことを示す記述も見つかっています。

【約3分の曲をストリーミングした際のデータ通信量の目安】
・高効率:約1.5MB
・高品質(256kbps):約6MB
・ロスレス(24bit/48kHz):約36MB
・ハイレゾロスレス(24bit/192kHz):約145MB

先日、「iOS 14.6 beta」のミュージックアプリからDolby AtmosやDolby Audioに関する記述が見つかっていますが、Android版ではあくまで”Dolby”の記述はなく、”ロスレスオーディオ”としか言及しておらず、ロスレスとハイレゾロスレスの2種類のオプションが提供される予定で、両オプションの仕様は下記の通り。

・ロスレス:最大24bit/48kHzのALAC
・ハイレゾロスレス:最大24bit/192kHzのALAC

Appleが高音質版「Apple Music」を準備していることを示すヒントが「iOS 14.6 beta 1」から見つかる

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。