「iPhone」への自社製5Gモデムチップの採用はやはり2023年からか

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは早ければ「iPhone」の2023年モデルから独自に設計した5Gモデムチップを採用する予定のようだと報告していることが分かりました。

現在、Appleは5GモデムチップはQualcommに依存している状況で、独自開発したモデムチップを採用することで、Qualcommに頼る必要がなくなります。

Appleは2019年にIntelのスマホ向けモデム事業を買収し、独自にセルラーモデムを開発していると噂されており、今年3月にはBarclaysのアナリストも2023年モデルから採用されると報告していました。(下記エントリ参照)

Apple、「iPhone」の2023年モデルから自社製の5Gモデムチップを採用か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。