Apple、「iPhone 12」のパープルモデルでランダム方式のシリアルナンバーを採用開始

以前より、Appleはまもなく製品のシリアルナンバーをランダム化する予定だとお伝えしていますが、MacRumorsによると、先月末に発売された「iPhone 12」のパープルモデルからランダムなシリアルナンバーが導入されていることが分かりました。

これまでのApple製品には12桁のシリアルナンバーが採用されていましたが、「iPhone 12」のパープルモデルには10桁のシリアルナンバーが採用されており、「iPhone 12 mini」でも採用されているとみられていますが、まだ確認出来ていないとのこと。
(追記:コメントにて情報を頂きましたが、「iPhone 12 mini」でも採用されていることが確認出来ました。)

また、同時に発売された「AirTag」にはこの新しい方式のシリアルナンバーは採用されていないようで、5月後半に発売される「iMac 24インチ」や新型「Apple TV 4K」などでも採用されているのかはまだ不明。

これまでの12桁のシリアルナンバーは、顧客やサービスプロバイダが製造された日付や場所を特定することが可能な形式となっており、最初の3文字は製造場所、次の2文字が製造年と製造週、最後の4文字がデバイスのモデルや色やストレージ容量を示していますが、新しいシリアルナンバーは完全にランダムな英数字となり、製造や仕様に関する情報は含まれなくなります。

Apple、ランダム方式のシリアルナンバーをまもなく導入へ Apple、製品のシリアルナンバーをランダム方式に変更へ

2 COMMENTS

apple][forever

2006年ぐらいからずっとお世話になってますが今回初めてコメントします。
先日購入したiPhone 12miniパープルですが10桁のシリアルナンバーです。

返信する
taisy0

情報有難う御座います。追記させて頂きました。
また、当ブログの開設当初よりご覧頂き有難う御座います!引き続き宜しくお願い致します!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。