Microsoft、Linux向け「Microsoft Edge」のベータ版を提供開始

本日、Microsoftが、Linux向け「Microsoft Edge」のベータ版の提供を開始しました。

Linux向け「Microsoft Edge」は、昨年10月にDevビルドの提供が開始されていましたが、約半年が経過し、ようやくベータ版の提供となりました。
(Linux版ではなぜかCanaryビルドは提供されていません)

ベータ版は6週間おきにアップデートされるより安定したビルドとなっており、正式リリースに一歩近づいたことになります。

なお、「Microsoft Edge for Linux」は、Ubuntu、Debian、Fedora、openSUSEといったLinuxディストリビューションに対応しており、こちらのページからダウンロード可能です。

[via Neowin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。