新型「iPad mini」は今年後半に発売か

9To5Macによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、新型「iPad mini」は2021年後半に発売されると予測していることが分かりました。

これは本日に同氏が公開した8インチの折りたたみ式iPhoneに関するレポートの中で触れられていたもので、同氏は、タッチパネルサプライヤーは2021年後半に新型「iPad mini」が発売されることで利益を得るようだと報告している模様。

この情報の信憑性は不明なものの、これまでの情報では、新型「iPad mini」は狭額縁仕様となり、ディスプレイサイズが7.9インチディスプレイから、8.4〜9インチに拡大されると言われており、もし本当であれば今秋あたりに発売されるものと予想されます。

Appleが「iPad mini Pro」を開発中との噂 − 今年後半に発売か 次期「iPad mini」、狭額縁仕様でディスプレイサイズが8.4インチに拡大か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。