Apple、2023年に折りたたみ式iPhoneを発売か − 8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを搭載

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは8インチの折りたたみ式iPhoneを2023年に発売する方向で取り組んでいるようだと報告していることが分かりました。

その折りたたみ式iPhoneは、8インチのQHD+フレキシブル有機ELディスプレイを採用し、2023年に発売される可能性が高いとのこと。

ディスプレイは韓国のSamsung Displayが独占的に供給し、台湾のタッチパネルメーカーであるTPKの銀ナノワイヤータッチソリューションが採用されるものと予想されています。

また、Appleは2023年に1,500〜2,000万台の折りたたみ式iPhoneを出荷するとも予測されています。

なお、折りたたみ式iPhoneに関する情報は今回が初めてではなく、これまでの情報でも早ければ2023年に登場と報告されています。

折りたたみ式「iPhone」は7.5〜8.0インチで2023年に登場か 折りたたみ式iPhoneは早ければ2023年に登場か − 7インチの有機EL採用でApple Pencil対応との予測

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。