「AirTag」の分解映像が早くも公開される

日本のYouTuberであるリペアエンジニアHARUKIが、昨日に発売されたAppleの紛失防止タグ「AirTag」の分解映像を公開しています。

「AirTag」のバッテリーはボタン電池「CR2032」が採用されており、金属製の裏蓋を開けると簡単に交換できるようになっていますが、さらにその内側のプラスチック製のハウジングも比較的簡単に取り外すことが可能となっています。

内部は本体中央にボイスコイルモーターが配置されており、この中央の磁界中に配置されたボイスコイルモーターが、電流の変化によって振動し、コイル側の筐体が振動板の役割を果たす作りになっている模様。

なお、下記がその分解映像なので、是非ご覧下さい。

[via 9To5Mac

1 COMMENT

匿名

9to5:春樹は日本語で何言ってんのか分かんねーからiFixitの分解レポ待とうぜ

日本語に人権ない

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。