「A15」や「M2」など、Appleの未発表チップのパーツナンバーの一部詳細が明らかに??

セキュリティ研究家でプロセッサ関連の情報に詳しいLonghorn氏(@never_released)が、Appleが開発中の新型チップに関する新たな情報をTwitterで投稿しています。

同氏は以前より未発表のApple製チップのパーツナンバーを報告しているのですが、今回は今年2月に報告していた「t6000」「t6001」「t8110」「t8112」の4つのチップの追加情報を公開しています。

これまでに明らかになっている情報と今回の情報をまとめると下記の通りで、「A15」と「M2」のビッグコアのコードネームは「Avalanche (雪崩)」と呼ばれているようです。

・t8101:A14
・t8103:M1
・t8110:A15
・t8112:M2
・t6000:M1X?
・t6001:M2X?

なお、「t600x」シリーズは昨年7月より存在が確認されているものの、依然としてその詳細が不明となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。