「iOS 15」と「iPadOS 15」では通知機能の改良や「iPad」のホーム画面刷新などが行われる模様

本日、Bloombergが、関係者の話として、Appleが今秋にリリースする次期iOS/iPadOSこと「iOS 15」と「iPadOS 15」では、「iPad」のホーム画面のデザイン刷新やロック画面のアップデートなど大規模な刷新が行われるようだと報じています。

「iOS 15」と「iPadOS 15」のアップデートは、Apple内部では「Sky」というコードネームで呼ばれているようで、「WWDC21」で正式に発表される予定です。

まず、ユーザーの現在の状況に応じて通知音を鳴らすかどうかなど、より細かな通知設定が出来る新機能が計画されており、コントロールセンターから運転中、仕事中、睡眠中またはカスタムしたカテゴリのメニューから選択して利用する形になるそうです。

また、メッセージの状態に応じて自動返信を設定するオプションも用意される他、iMessageのアップグレードにも取り組んでおり、SNSとしての機能が強化され、WhatsAppに対抗することを目指しているようですが、まだ開発の初期段階の為、リリース当初は提供されない可能性もあるとのこと。

「iPadOS 15」では、ホーム画面の刷新が予定されており、「iPhone」のようにホーム画面の好きな場所にウィジェットを配置出来るようになるようです。

他にも、プライバシー保護機能に関しても強化される予定で、どのアプリが個人データを黙って収集しているかをユーザーに表示する機能が開発されている模様。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。