米国のApple Storeで「iMac 21.5インチ」の在庫が減少中

MacRumorsによると、現在、米国のApple Storeでは「iMac 21.5インチ」の各モデルの在庫が少なくなってきているようで、オンラインストアでは4K非対応モデルの出荷に遅れが出始めていることが分かりました。

米国のほとんどのApple Storeにおいて、「iMac 21.5インチ」の4K非対応モデルの一部構成がピックアップ出来なくなっており、オンラインストアでは出荷までに5〜7営業日必要と案内されています。

また、4K対応モデルも一部の店舗で在庫不足が発生しているものの、4K非対応モデルに比べるとまだまだ在庫はある模様。

Appleは先月に「iMac 21.5インチ」の大容量SSD搭載モデルの販売を終了しており、Apple Siliconを搭載した新型「iMac」を開発中と噂されているものの、今回の在庫不足が新型の発売に関係しているのかは不明です。

これまでの噂では、新型「iMac」シリーズは今年後半に発売されると言われており、来週のイベントでは発表されないものと予想しています。

新型「iMac」シリーズの導入に向け、大容量SSD搭載モデルの販売終了に続いて、4K非対応モデルも早々に販売終了となる可能性もあるのかもしれません。

iMac – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。