「MacBook」や「iPad」の一部モデル、部品不足の影響で生産に遅れが生じている模様

NIKKEI ASIAが、詳しい関係者の話として、Appleの「MacBook」シリーズと「iPad」シリーズの生産に遅れが生じていると報じています。

遅れの原因はチップなどの部品不足とのことで、一部の「MacBook」や「iPad」の生産に遅れが生じており、「MacBook」については生産で重要な工程である最終組立前のプリント基板への部品の実装に遅れが生じているそうです。

「iPad」については、ディスプレイとディスプレイ部品の不足の為に遅れが生じているようで、この遅れによりAppleはこれらデバイス向け部品の注文の一部を今年上半期から下半期に延期した模様。

あの、「iPhone」の生産計画は今のところ供給不足の影響は受けていないものの、関係者によると、一部の部品供給はかなり厳しい状況になってきているようです。ただ、あくまでまだサプライチェーン上での問題に留まっており、消費者への製品供給にはまだ影響は出て来ていないとのこと。

なお、日本のApple Storeでは、「iPad」と「MacBook Air」の納期が少し時間が掛かることが案内されていますが、これが人気の為なのか、上述した内容が影響しているのかは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。