韓国LG、スマホ事業から撤退を発表

本日、韓国のLGが、スマートフォン事業から撤退すると発表しました。

撤退の理由は「スマホの競争激化で事業不振が続いており、主力事業に集中する」とのことで、同社の同事業については2015年から6期連続で赤字となっており、同機関の累積赤字は5,000億円に及びます。

また、今年7月末を目処にスマホの販売を終了し、事業の売却については外部への技術流出を懸念して断念し、約3700人いるスマホ部門の人材は業績好調の家電やテレビ部門に転籍させる方針とのこと。

ニュースリリース

[via 日本経済新聞

2 COMMENTS

匿名

このロゴがだいぶ売り上げに影響与えてただろうな
自覚があるのかないのか、一時期ロゴ隠して売ってたけど
最近は四片フレームレスディスプレイも出さなくなったし、もうもろとも撤退していいわ

返信する
匿名

誰も困らない。元々後追いで始めた事業だったしね。日本企業の真似で始めた事業は日本企業がダメになったのと同じようにダメになる。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。