Apple、「Mac Pro」のチーズおろし器風デザインを「iPhone」などにも採用することを検討していた事が明らかに

「Mac Pro」と「Pro Display XDR」は“チーズおろし器”とも称される独特の構造の穴を採用した格子パターンのデザインが特徴となっていますが、9To5MacMacRumorsによると、Appleがこのデザインを「iPhone」などの他のデバイスにも拡大することを検討していたことが分かりました。

これは同社が米国の特許商標庁に申請していた特許出願により明らかになったもので、その特許の名称は「Housing construction(ハウジング構造)」で、「Mac Pro」の格子デザインを「iPhone」などの他のデバイスに拡大することに関してまとめられています。

Appleはこのデザインを採用することで熱問題を解決出来ると考えており、格子パターンを採用することで表面積を増やし、冷却性を高める効果があるとのことで、他にも同構造を採用することで厚みや重量を抑えつつ構造的な強度も向上させることが出来るようです。

出願書類には、このデザインを採用した「iPhone」や旧「Mac Pro」に採用した際の画像も添付されており、「iPhone」に採用することで冷却性を高めるだけでなく、グリップ力も高められるとも考えているようです。

あくまで特許であることと、特許内容が公となったことから、この案が採用される可能性は限りなく低そうですが、「iPhone」にもあのデザインの採用を検討していたことは興味深いです。

6 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。