Twitter、サービス開始から15周年を迎える

本日、米Twitterが、サービス開始から15周年を迎えました。

Twitterは、2006年3月21日に同社CEOのジャック・ドーシー氏が世界で初めてのツイートを投稿したのがサービス開始日となっており、本日2021年3月21日で初ツイートから15周年となります。

10周年の時と同じく、「#LoveTwitter」のハッシュタグを付けてツイートすると、ハートマークとTwitterのロゴが表示されます。

なお、最新の日間アクティブユーザー数(2020年第4四半期時)は1億9,200万人と発表されており、今後は広告への依存度緩和の為にサブスクリプションサービスの導入や公式クライアントアプリ「TweetDeck」の有料化などが検討されていると言われています。

1 COMMENT

匿名

TweetDeck有料化なら日本語化とマウスオーバーを本家レベルにしてもらえると捗る

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。