Twitterが検討中の「ツイート取り消し機能」はサブスクリプションの有料会員向けになる可能性が浮上

先日、Twitterが、ツイートの投稿取消機能を開発していることが分かりましたが、同機能は導入が検討されているサブスクリプションプランで提供される機能の1つになることが分かりました。

これは同機能を発見したアプリ・セキュリティ研究者のJane Manchun Wong氏が新たに明らかにしたもので、同氏は新たにサブスクリプションプランに関するスクリーンショットを公開しています。

スクリーンショットにはユーザーがサブスクリプションプランのメンバーであることを示す画面と「機能設定」や「サブスクリプション」に関する設定画面が写っており、「機能設定」の欄には「Undo Tweet(ツイート取り消し)」機能が確認でき、同機能はサブスクリプションサービスの会員向けの機能であることが予想出来ます。

なお、「ツイート取り消し」機能は、ツイートの投稿後数秒間であれば投稿を取り消すことが可能な機能となっており、サブスクリプションプランと共にいつ頃に正式に導入されるのかは不明です。

[via ITmedia

Twitter、ツイートの投稿取り消し機能を開発中 Twitter、「TweetDeck」の大規模な刷新に取り組み中 − 今年後半に詳細を発表へ Twitter、やはりサブスクリプションサービスを開発中か − 人材募集から明らかに

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。