米Google、「Nest Hub (第2世代)」を発表 − Soliレーダーを搭載し睡眠トラッキングが可能に

本日、米Googleが、新型「Nest Hub」こと「Nest Hub (第2世代)」を正式に発表しました。

「Nest Hub (第2世代)」は、フローティングディスプレイのデザインや7インチ(1024×600ピクセル)のディスプレイは変わらないものの、機械学習チップが搭載された3つ目のマイクが搭載され、Googleアシスタントの音声コマンドをローカルで学習することで応答速度が向上した他、スピーカーは前モデルに比べて大型化され、低音の音量が50%向上しています。

また、最大の特徴として、本体右上にはSoliレーダーが搭載されており、ハンズフリーでのジェスチャー操作が可能となった他、枕元に置くことでSoliレーダーがユーザーの動きを検知して睡眠の状態を記録することが出来る「スリープセンシング」機能が利用可能となっています。

カラーはChalk、Charcoal、Mist、Sandの4色展開で、価格は99.99ドルで、米国、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリアで本日より予約受付が開始され、3月30日に発売されます。

なお、現時点で日本での発売時期などは不明ですが、近いうちに何らかの発表があるものと予想されます。

Nest Hub (2nd Gen) – Google Store US

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。