Microsoft、2021年3月のセキュリティ更新プログラムをリリース

本日、Microsoftが、2021年3月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)をリリースしています。

今月の更新プログラムでは下記のソフトウェアの脆弱性などが修正され、緊急が7件、重要が4件の計11件となっています。

・Application Virtualization
・Azure
・Azure DevOps
・Azure Sphere
・Internet Explorer
・Microsoft ActiveX
・Microsoft Exchange Server
・Microsoft Graphics Component
・Microsoft Office
・Microsoft Office Excel
・Microsoft Office PowerPoint
・Microsoft Office SharePoint
・Microsoft Office Visio
・Microsoft Windows Codecs Library
・Power BI
・Role: DNS Server
・Role: Hyper-V
・Visual Studio
・Visual Studio Code
・Windows Admin Center
・Windows Container Execution Agent
・Windows DirectX
・Windows Error Reporting
・Windows Event Tracing
・Windows Extensible Firmware Interface
・Windows Folder Redirection
・Windows Installer
・Windows Media
・Windows Overlay Filter
・Windows Print Spooler Components
・Windows Projected File System Filter Driver
・Windows Registry
・Windows Remote Access API
・Windows Storage Spaces Controller
・Windows Update Assistant
・Windows Update Stack
・Windows UPnP Device Host
・Windows User Profile Service
・Windows WalletService
・Windows Win32K

なお、各パッチともWindows Updateよりダウンロード及びインストールが可能です。

参考 2021年3月のセキュリティ更新プログラム (月例)Microsoft

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。