AppleのMRヘッドセットは15個のカメラモジュールを搭載か

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、AppleのMixed Reality(MR/複合現実)ヘッドセットには合計で15個の光学カメラモジュールが搭載されると報告していることが分かりました。

15個のうち、8つはシースルー型のAR(拡張現実)体験に使用し、6つは革新的な生体認証機能に使用され、残る1つは環境検出に使用されるとのこと。

また、これらレンズの多くはスマートフォン用カメラレンズ世界最大手の大立光電(Largan)が供給する模様。

なお、Kuo氏は先日にAppleは2022年半ばにMixed Reality(MR)ヘッドセットを、2025年までにAR(拡張現実)メガネを発売する予定だと報告していました。

その際の情報では、MRヘッドセットの試作機の一部は200〜300gの重さとなっており、Appleが技術的な課題をクリア出来れば最終的には100〜200gまで軽くなるものとみられており、既存の多くのVRデバイスよりも大幅に軽くなる模様。ただ、複雑なデザインの為、このヘッドセットの価格は1,000ドル前後になると予想されています。

AppleのMRヘッドセットは2022年半ば、ARメガネは2025年までに登場か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。