NTTドコモ、「ahamo」の料金見直しは行わない方針

朝日新聞によると、NTTドコモの井伊基之社長がインタビューに応じ、新料金ブランド「ahamo」の料金を変更しない方針であることを明らかにしました。

auやソフトバンクは新プランから通話オプションを分離することで月額2,480円で提供することを発表しており、NTTドコモの動向が注目されていましたが、井伊基之社長は「ahamo」の料金見直しについて「やらない」と明言しました。

見直しを行わない理由は、「ahamo」の先行申し込みは本日までに150万件超となっており、ライバル2社の発表後も勢いが衰えていないためとのこと。また、「ahamo」の開発に携わった若手社員に意見を聞いたところ「電話は必要。このままで行きたい」と言われて受け入れたそうです。

先日、同社が3月1日に何らかの重大発表を行う可能性があると報道がありましたが、3月1日は「ahamo」対応機種の発表だけになる可能性が出て来ました。料金はそのままで何らかの条件変更はあるかもしれませんが…。

NTTドコモ、3月1日に「ahamo」に関する重大発表を行う可能性が浮上 − 社長は新しい形での対抗策を示唆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。