Apple、やはり「iPhone 12」向けのMagSafe対応バッテリーパックを開発中か

先日、「iOS 14.5 beta 2」のシステム内のコードからAppleがMagSafeに対応したモバイルバッテリーを開発しているかもしれないことが分かったとお伝えしましたが、Bloombergが、精通した人物の話として、Appleは「iPhone 12」シリーズ向けのMagSafe対応バッテリーパックを開発していると報じています。

(コンセプト画像 / via @ParkerOrtolani

Appleは少なくとも1年前から同製品を開発しており、MagSafeを利用して「iPhone 12」シリーズの背面に取り付けることが可能で、試作機は外観が白いゴム製となっており、あくまでバッテリーのみで「Smart Battery Case」のように保護ケースとしては機能しないようです。

ただ、「iPhone」側がバッテリーパックが過熱していると誤って認識してしまうソフトウェアの問題や、ケースの装着有無による調整など複数の問題を抱えていることにより開発が遅れているそうで、これらの問題により発売がさらに遅れる可能性や発売されない可能性もあるとのこと。

なお、当初の予定では「iPhone 12」シリーズの発売(2020年10月)から数ヶ月後に発売する予定だったようで、もし計画通りであれば「iOS 14.5」の正式リリースに合わせて3月に発売されるのかもしれません。

Apple、MagSafe対応のモバイルバッテリーを準備中か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。