ソフトバンク、新しい料金サービス「メリハリ無制限」と「ミニフィットプラン+」を3月17日より提供へ

本日、ソフトバンクが、“ソフトバンク”の4G/5G共通の新しい料金サービスとして「メリハリ無制限」と「ミニフィットプラン+」を3月17日より提供すると発表しました。

「メリハリ無制限」(月額6,580円)はデータ容量が無制限で、「ミニフィットプラン+」(月額2,980円〜)はデータ通信の利用が少ないユーザー向けの新しい料金サービスとなっており、データ使用量に応じて3段階の基本使用料(1GBまで/2GBまで/3GBまで)が自動的に適用されます。

さらに、「メリハリ無制限」と「ミニフィットプラン+」に加入したユーザー向けの長期継続特典(誕生月特典)」の提供を、同日から開始するとのこと。

また、「メリハリ無制限」の提供開始に合わせて、現在実施している「SoftBank 学割」の対象に「メリハリ無制限」を追加するとのことで、「SoftBank 学割」によって、「メリハリ無制限」のデータ定額料が半年間毎月3,580円(月間データ使用量が3GB 以下の請求月は2,080円)割引となり、各種割引サービス適用後は月額900円(8カ月目以降は月額4,480円)で利用できます。

なお、今回の新しい料金サービスの提供開始に合わせて、「メリハリプラン」「5G 基本料」「5G 1年おトクキャンペーン」の新規申し込み受け付けを3月16日で終了する他、「ミニフィットプラン」の4G/5G対応機種での新規申し込み受け付けも同日に終了します。

ニュースリリース(PDF)
公式サイト

3 COMMENTS

匿名

サイレント発表のミニフィットプラン+酷すぎわろた
5GB→3GB上限でさらに改悪の段階制ぼったくり

返信する
匿名

ミニフィットは契約して欲しくない感が隠しきれてないね
ワイモバかLINEMOへ誘導したいのだろう

返信する
匿名

実質3ブランドだから価格はどうにもならんよな
下手に下げればワイモバが喰われるし

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。