ソフトバンク、オンライン専用ブランド「LINEMO」を3月17日より提供開始へ − 通話オプション分離で月額2,480円に

本日、ソフトバンクが、オンライン専用ブランドの名称を「LINEMO(ラインモ)」として3月17日よりサービスの提供を開始すると発表しました。

また同時に料金サービスの内容が当初の発表より改定され、データ容量は20GBで、LINEのデータ通信量がカウントフリーになるところは変更ないものの、通話オプションを分離したことから月額料金は2,480円になりました。

通話オプションについては、5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」が月額500円で、通話時間・回数ともに無制限で、国内通話がかけ放題になる通話オプション「通話定額」が月額1,500円で別途用意されます。

なお、データ容量超過時の通信速度は最大1Mbpsで、5Gに対応し、ソフトバンクの自社ブランドとして、“ソフトバンク”お
よび“ワイモバイル”と同じネットワーク、同じ品質で各種サービスが提供されるとのこと。

さらに、「LINEMO」のユーザーがLINEトークで使用できる700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題になる「LINE スタンププレミアム(ベーシックコース)」(月額240円)を、今夏に追加料金なしで利用できるようにする予定であることも発表されました。

ニュースリリース(PDF)

1 COMMENT

匿名

LINEスタンププレミアムが含まれるのは大きいね。
これでLINEメインのユーザー向けになったって感じ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。