Apple、「iPhone 12/12 mini」に新たな修理方法を導入へ − 本体交換を必要としていた一部修理が部品交換に

MacRumorsによると、Appleが認定サービスプロバイダに対し、「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」に対し新たな修理方法を導入することを通知しており、従来は本体交換で対応していた一部の修理が部本交換で対応可能となることが分かりました。

同サイトが入手した内部メモによると、Appleは現地時間の2月23日から、ロジックボードやFace IDシステム、リアガラスのひび割れなどの筐体、電源等に問題があった「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」については、本体交換ではなく、技術者がその場で修理を行うことが出来るようになるとのこと。

AppleのGenius Barと認定サービスプロバイダは、バッテリー、ロジックボード、ワイヤレス充電コイル、Taptic Engine、Face IDシステムなど、ディスプレイとリアカメラを除く全ての部品で構成された「iPhone リアシステム」部品を入手出来るようになるようで、この新しい修理方法は「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」を販売している全ての国と地域で利用可能になり、現時点では「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は対象外となっています。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。