折りたたみ式iPhoneは早ければ2023年に登場か − 7インチの有機EL採用でApple Pencil対応との予測

MacRumorsによると、ハイテク産業市場動向調査会社のOmdiaが、Appleは7インチの有機ELディスプレイを搭載し、Apple Pencilにも対応した折りたたみ式のiPhoneを早ければ2023年に発売する可能性があると報告していることが分かりました。

報告によると、OmdiaはAppleが折りたたみ式iPhoneを2023年に発売すると予測しており、そのディスプレイサイズは7.3〜7.6インチになるとみられています。

折りたたみ式iPhoneについては、先月にBloombergもAppleが開発を開始したようだと報じていました。

その際の情報では、現時点ではあくまで折りたたみ式ディスプレイのみの開発に留まっており、登場は早くても数年後、もしかしたら開発のみで日の目を見ることはない可能性もあると言われています。

Apple、「iPhone 13」に向け画面内蔵型指紋センサーや充電ポートの廃止を検討か − 折りたたみ式iPhoneの情報も

2 COMMENTS

匿名

折り畳みデバイスは、折り畳んで厚く重くなるなら意味ないでしょ
ある意味技術の後退ですよ

返信する
匿名

iPad miniが折り畳みになったらいいと思う。元々電子書籍を読むのに適した形だから、見開きでも抵抗ないし。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。