Apple、「iPhone 13」に向け画面内蔵型指紋センサーや充電ポートの廃止を検討か − 折りたたみ式iPhoneの情報も

Bloombergが、精通した人物の話として、Appleは折りたたみ式iPhoneの開発を開始したようだと報じています。

Appleは内部テストのための試作機の折りたたみ式ディスプレイを開発しているものの、実際に折りたたみ式iPhoneを発売するかどうかの計画は固まっていないようで、あくまで現時点ではディスプレイの開発のみに留まっており、折りたたみ式iPhoneの登場は数年後、もしかしたら開発だけで最終的に製品化されない可能性もあるとのこと。

現在は今年後半に発売する次期iPhoneと次期iPadの開発に注力しており、今年発売される「iPhone 13」はデザインに大きな変更はなく、内部的にはマイナーアップデート版を示す「S」バージョンと考えているエンジニアもいる模様。

また、Appleは画面内蔵型指紋センサーや充電用ポート(Lightningコネクタ)の廃止も検討しているそうです。

なお、次期iPadシリーズについては、現行モデルに似た外観デザインで、ミニLEDディスプレイとより高速なプロセッサを搭載した新型「iPad Pro」が計画されており、「iPad Air (第4世代)」と同じデザインを採用した、より薄くて軽いエントリーレベルの新型「iPad」も計画されているとのこと。

3 COMMENTS

匿名

充電用ポート(Lightningコネクタ)がなくなるのはあまり嬉しくないかなと思います。有線接続のヘッドフォン、イヤホンが使えなくなるし、Bluetoothヘッドフォンは遅延がある。無線充電は遅い。無線でのデータ同期も遅いし信頼性の問題がある。

返信する
匿名

こんな連中の言うこと聞いてたら永久にスマートフォンなんか生まれてこなかったんだろうな

返信する
匿名

それは同意かも。
結局APPLEはその手のコメントガン無視でうまくいってる。
使い手側もそれに合わせて進化できないから、日本人はITに弱いし魅力的な製品を出せない。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。