Microsoft、Win/Mac/iOS/Androidで利用可能なパスワードマネージャー「Microsoft オートフィル」を正式に提供開始

本日、Microsoftが、ウェブサイトのパスワードを保存して、Windows、macOS、Android、iOSのすべてのデバイスで自動的に入力することが出来るパスワードマネージャー「Microsoft オートフィル」の提供を正式に開始したと発表しました。

「Microsoft オートフィル」は、お気に入りのウェブサイトのパスワードをMicrosoftアカウントに保存し、デバイス間での同期および自動入力してくれるサービスで、WindowsとmacOSでは「Microsoft Edge」と「Google Chrome」(拡張機能を使用)、iOSとAndroidでは「Microsoft Authenticator」アプリを利用することでほぼ全てのデバイスで利用可能なのが特徴です。

また、他のパスワードマネージャーを利用しているユーザーは、CSVファイルを使用して「Microsoft オートフィル」にデータをインポートすることも可能です。

なお、各アプリなどのダウンロードは下記より可能です。

Microsoft オートフィル – Chrome ウェブストア
Microsoft Authenticator – App Store
 
Microsoft Authenticator – Google Play
 

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。