Apple、開発者に「Mac mini」の「Developer Transition Kit」の返却要請を開始

AppleはApple Siliconへの移行に際して、開発者に「Mac mini」に「A12Z Bionic」チップを搭載した「Developer Transition Kit」を提供していましたが、MacRumorsによると、同社が開発者に対し、その「Developer Transition Kit」の返却要請を開始したことが分かりました。

「Developer Transition Kit」を入手するには500ドルの「Quick Start Program」に登録し、最終的にはAppleに返却する必要がありました。

現在、Appleは「Developer Transition Kit」を購入した開発者に対し、返却時期が近づいていることと、数週間後に返却方法を知らせると案内しているようで、本プログラムへの参加に感謝し、「Developer Transition Kit」の返却が確認できた時点でM1 Mac購入に使用できる200ドル分のクレジットを贈呈するとのこと。

なお、「Quick Start Program」の有効期限は1年間となっているのですが、「Developer Transition Kit」を期限よりも早く返却した場合でも、テクニカルサポートやディスカッションフォーラムなどのプログラムの特典は1年間の期限まで引き続き利用可能となっています。

開発者の元に「Developer Transition Kit」のA12Zチップを搭載した「Mac mini」が届き始める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。