開発者の元に「Developer Transition Kit」のA12Zチップを搭載した「Mac mini」が届き始める

MacRumorsによると、開発者の元に「Developer Transition Kit」の「Mac mini」が届きはじめたことが分かりました。

「Developer Transition Kit」は、開発者がApple Siliconを搭載した「Mac」向けのアプリの開発やテストに使用するためのもので、「Mac mini」がベースとなっており、A12Zチップと16GBのRAMなどが搭載されています。

Apple Siliconを搭載した最初の「Mac」は年内に発売予定で、今後2年間かけてIntelベースからApple Siliconベースへの移行が行われる予定です。

なお、「Developer Transition Kit」を入手するには、500ドルの「Quick Start Program」に登録する必要があり、「Developer Transition Kit」は最終的にAppleに返却する必要があります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。