米Apple、同社2021年度第1四半期(2020年10〜12月期)の業績を発表

本日、米Appleが同社2021年度第1四半期(2020年10~12月期)の業績を発表しました。

数字を簡単にまとめると下記の通りで、増収増益となり、売上高、純利益ともに過去最高を記録しました。
(括弧内は前年同期比)

総 合

・売上高:1,114億3,900万ドル(21%増)
・純利益:287億5,500万ドル(29%増)

各種製品及びサービスごとの売上高

全ての製品が前年同期を上回る結果となっており、特にMacとWearables/Home and Accessoriesとサービス部門が好調で、M1 Macの発売やApple Watch Series 6/Apple Watch SEなどの発売が好影響を及ぼしたものと考えられます。

・iPhone:655億7,700万ドル(17%増)
・iPad:84億3,500万ドル(17%増)
・Mac:86億7,500万ドル(24%増)
・Wearables/Home and Accessories:129億7,100万ドル(29%増)
・サービス:157億6,100万ドル(23%増)

地域別の売上高

地域別の売上高は下記の通りで、どの地域も伸びていますが、特に日本と中国で大幅に増加しているのが特徴です。

・アメリカ:463億1,000万ドル(11%増)
・欧州:273億0,600万ドル(17%増)
・日本:82億8,500万ドル(33%増)
・中国:213億1,300万ドル(56%増)
・アジア太平洋地域:82億2,500万ドル(11%増)

なお、詳細は下記のプレスリリースをご覧下さい。

プレスリリース(英語)

2 COMMENTS

M へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。