Apple、「iPhone」や「MagSafeアクセサリ」の医療機器との干渉リスクに関するより詳しい説明を公開

Appleの「iPhone 12」シリーズやMagSafeアクセサリには磁石が内蔵されていますが、その磁石がペースメーカーや除細動器などの医療機器に干渉する恐れがあることに関するサポートドキュメント「iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、MagSafe アクセサリに内蔵されている磁石について」を更新し、新たにペースメーカーや除細動器などの医療機器との干渉を避けるためのiPhoneやMagSafeアクセサリとの安全な距離を追記しています。

追記された内容は、『ペースメーカーや除細動器などの医療機器には磁石や無線送信機に反応するセンサーが搭載されている場合があり、これらのデバイスとの相互作用を引き起こす可能性を避けるために、iPhoneとMagSafeアクセサリはデバイスから安全な距離を保って下さい。』となっており、その距離とは“6インチ(15㎝)以上”で、ワイヤレスで充電する場合は“12インチ(30㎝)以上”離れるよう指示しています。

ただ、具体的なガイドラインについては、医師や医療機器メーカーに相談して欲しいとも案内しており、ペースメーカーや除細動器などの医療機器をお使いの方は相談してみることを推奨しています。

なお、記事投稿時点では米国版や中国版のサポートドキュメントは更新済みであるものの、日本語版はまだ旧バージョンとなっており、上記項目は追記されていませんが、近いうちに追記されるものと予想されます。

[via MacRumors]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。