M1 Macの一部でスクリーンセーバーが突然起動するバグが報告される − 「ファストユーザスイッチ」機能が原因か

MacRumorsによると、M1チップを搭載した一部のMacで、スクリーンセーバーが自動的に起動して解除出来なくなるバグが報告されていることが分かりました。

「macOS」ではログアウトせずにユーザーアカウントを素早く切り替えることが出来る「ファストユーザスイッチ」機能が搭載されていますが、どうやらその機能に何らかのバグがあるようで、突然スクリーンセーバーが起動し、スクリーンセーバーが一度起動すると、マウスポインタは動かすことが出来るものの、それ以外の操作は反応しなくります。

実際にその様子を撮影したのが下記動画で、この状態から元に戻すには、「MacBook Air」や「MacBook Pro」の場合は一度ディスプレイを閉じて開き直すか、電源ボタンを軽く押すか、「option + shift + command + Q」でログインページに戻る必要があるとのこと。

問題を報告するユーザーによると、「macOS Big Sur」の全てのバージョン、全てのM1チップ搭載Macで発生し、1日に数回発生すると報告しているユーザーもおり、日本のApple コミュニティでも同様の不具合が報告数は少ないものの報告されています。

なお、現時点での回避策としては「ファストユーザスイッチ」機能を無効化することが有効であることが確認されていますが、根本的な解決にはApple側のソフトウェアアップデートを待つしかなさそうです。

2 COMMENTS

匿名

一度なったな。M1シリーズ性能とか凄く良いんだけど、やはりバグ問題があるから万人にオススメしにくい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。