Apple、「13インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム」の受付期間を延長

MacRumorsによると、Appleが2019年5月に発表した「13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム」の受付期間を延長したことが分かりました。

本プログラムは、ごく一部の「MacBook Pro 13インチ」のディスプレイのバックライトに問題が発生した場合に無償修理で対応するもので、これまでの適用期間は「最初の小売販売日から4年間」となっていましたが、1月15日付けで内容が更新され、現在は「最初の小売販売日から最大5年間」もしくは「本プログラムの開始から3年間」のいずれか長い方の期間が適用されます。

この問題が確認されているのは、2016年10月から2018年2月までの間に販売された下記の「MacBook Pro 13インチ」で、問題が発生している場合、AppleやApple 正規サービスプロバイダで修理して貰えます。

  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)

なお、修理手続きなどの詳細は下記リンク先をご覧下さい。

13 インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム

Apple、「13インチ MacBook Pro ディスプレイバックライト修理プログラム」を発表

1 COMMENT

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。