「iPhone 13」シリーズ、基本的なデザインは変わらないもののリアカメラやノッチ部分に設計の変更がある模様

本日、Macお宝鑑定団Blogが、中国のサプライヤーからの情報として、次期「iPhone」こと「iPhone 13」シリーズは、「iPhone 12」シリーズの筐体デザインを引き続き採用するようだと報じています。

本体寸法に関しては、高さや幅は変わらないものの、厚みは0.26㎜増すとのことで、リアカメラに関しては次期「iPad Pro」と同様にレンズカバー部分の出っ張りが無くなる模様。

ただ、カメラユニット全体の出っ張りは、全てのモデルで約0.9mm増となり、カメラユニット全体をサファイヤガラスでカバーするデザインに変わる可能性があり、「iPhone 13 Pro」の背面カメラユニットは、「iPhone 13 Pro Max」と同じサイズであることから広角カメラにセンサーシフト光学式手ぶれ補正が採用されている可能性があるようです。

また、ディスプレイ上部にあるレシーバーが、筐体端ギリギリまでに移動してることから、TrueDepthカメラの幅が細くなっており、ノッチが少し小型化される可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。