Apple、来年3月にミニLEDディスプレイ搭載の新型「iPad Pro 12.9インチ」を投入か

MacRumorsによると、DigiTimesが、Appleは2021年第1四半期(1〜3月)にミニLEDディスプレイを搭載した新型「iPad Pro 12.9インチ」を発売するようだと報じていることが分かりました。

業界筋によると、中国のBOE Technologyが、iPhone向けのフレキシブル有機ELパネルの供給を開始し、台湾のGeneral Interface Solution(GIS)がそのパネルに対応した統合タッチモジュールを供給するとのこと。

そして、そのGISが、2021年第1四半期に発売される「iPad Pro 12.9インチ」のミニLEDディスプレイ用のタッチモジュールを生産する予定と報じられています。

次期「iPad Pro」へのミニLEDディスプレイの採用は以前より何度も報じられていますが、ミニLEDをバックライトに採用したディスプレイは、コントラスト比や輝度の向上、薄型化などが期待されています。

今回の話がどこまで本当かどうかは不明なものの、Appleは3月に「iPad」のモデルチェンジを発表することが多く、もし本当であれば来年3月に何らかの動きがあるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。