Microsoft、「Xbox 360」向け「Halo」のゲームサービスを来年12月をもって終了へ

Microsoftが発売している人気FPS「Halo」シリーズですが、本日、「Xbox 360」向け「Halo」シリーズのオンラインゲームサービスが2021年12月をもって終了すすることが分かりました。

これは同ゲームの開発元である343 Industriesが明らかにしたもので、「Xbox 360」向けのレガシーサービスの維持には多大な時間とリソースを必要とし、現在や将来に向けたプロジェクトをサポートする能力に影響を与えていることから、1年後の2021年12月をもって「Xbox 360」向けの「Halo」のオンラインゲームサービスを終了するとのこと。

Xbox 360向けのレガシーサービスが終了するタイトル

・Halo: Reach 
・Halo 4 
・Halo 3 
・Halo 3: ODST 
・Halo: Combat Evolved Anniversary 
・Spartan Assault 
・Halo Wars 

サービス終了に向けた動きは段階的に行われ、フェーズ1は既に終了済みで、600万件以上のレガシーUGCデータを「Halo: The Master Chief Collection」へと移行し、現在はフェーズ2の段階で、プレイヤー向けにサービス終了の通知を開始する他、デジタル版の販売が終了となります。

その次のフェーズ3では、Haloチャンネルを通じてメッセージとリマインダーを継続し、注意喚起を促し、最終段階としてサービスが終了となります。

[via Thurrott

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。