Microsoft、サーバーやSurface向けに独自のカスタムARMチップを開発中か

本日、Bloombergが、計画に精通した複数の関係者の話として、Microsoftが、同社のクラウドサービスで利用するサーバーコンピューター向けに自社設計のプロセッサの開発を進めているようだと報じています。

同社はARMの設計をベースにプロセッサを生産し、データセンターで利用することを計画している模様。

また、「Surface」の一部製品向けにも別の半導体を利用することも検討しているとのことで、AppleのApple Silicon移行など、パソコン業界では、Intelの半導体技術への依存度を減らすための取り組みが拡大することになりそうです。

なお、Neowinによると、Microsoftのコミュニケーション担当副社長であるFrank X. Shaw氏は、この報道に対し特に否定も肯定もしなかったようで、同氏は「シリコンはテクノロジーの基礎的要素であることから、設計、製造、ツールなどの分野の自社能力に投資を続ける一方で、様々なチッププロバイダーとのパートナーシップを育成・強化しています」と述べるにとどまっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。