「Microsoft OneDrive」がiOSの「Live Photos」に対応

本日、Microsoftが、クラウドストレージサービス「OneDrive」でiOSの「Live Photos」をサポートしたことを発表しました。

これまで「OneDrive」に「Live Photos」をアップロードすると通常の静止画として保存されてきましたが、今回、ようやく「Live Photos」のアップロードおよび保存に対応し、iOS向け公式アプリの最新版(ver.12.11)で「Live Photos」のアップロードが可能となっています。

過去に「Live Photos」を静止画としてアップロードしたことがあるユーザーは、iOS向け公式アプリの設定欄にある「カメラのアップロード>元のフォーマットから再アップロードする>静止写真をLive Photosとして再アップロードする」をオンにすることで、簡単に「Live Photos」の再アップロードを行ってくれます。

なお、「Live Photos」のアップロードは個人アカウントのみでサポートされており、アップロードした「Live Photos」の再生は「OneDrive」のウェブサイトかiOS向け公式アプリでのみ可能で、Android向け公式アプリなどでは静止画として表示されます。

Live Photos come to OneDrive – Microsoft

Microsoft OneDrive

Microsoft OneDrive

Microsoft Corporation無料

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。