Apple、来年発売の「MacBook Pro」や「iMac」向けに20コアのApple Siliconを開発中か − 次期「Mac Pro」は半分の大きさに??

Bloombergが、複数の関係筋の話として、Appleは2021年にIntelの最速プロセッサを上回るパフォーマンスを目指した新たなMac向けプロセッサを投入する計画のようだと報じています。

Appleの半導体担当エンジニアらは、M1チップの後継となる幾つかのプロセッサーの開発に取り組んでおり、期待通りならIntel製プロセッサを搭載した最新機種をパフォーマンスで大幅に上回る可能性があるとのこと。

具体的には、2021年に発売する次期「MacBook Pro」と次期「iMac」向けに16の高性能コアと4つの高効率コアを搭載した20コアの次世代チップを準備しているようで、開発状況により高性能コアが8もしくは12に変更される可能性があるとのこと。

また、2021年後半にはハイエンドのデスクトップモデルを、2022年には半分のサイズになった次期「Mac Pro」を投入する計画で、32の高性能コアを搭載したApple Siliconをテストしている模様。

さらに、同社はより野心的なGPUの開発にも取り組んでおり、「MacBook Pro」や「iMac」向けに16コアと32コアのGPUをテストし、64コアや128コアのGPUも開発しているそうです。

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。