NTTドコモ、近いうちに携帯料金を値下げへ − 廉価ブランドも導入

日本経済新聞によると、NTTドコモが、携帯電話の料金を引き下げる方向で最終調整に入ったことが分かりました。

本体ブランドのデータ大容量プランを軸に価格体系を見直し、データ容量20GB分の料金が月額3,000円前後の廉価な別ブランドも新たに導入するとのことで、近いうちに発表される予定です。

現在、NTTドコモは、7GBを上限にデータ通信量に応じて毎月の料金が4段階に変化するプランと、より大容量のデータ通信を利用するユーザー向けに固定料金を設定したプランを展開していますが、これらを刷新し、使ったデータの量に応じて課金する方向で、合わせて毎月20GBのデータ通信を使う人向けの新ブランドも導入され、料金は3,000円前後になる見込み。

なお、この新ブランドは、手続きやアプリ導入などを利用者自らがネット経由で行う「セルフサービス」が特徴となり、コストがかからず、その分利用料を安く設定可能となっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。