ミニLEDディスプレイ搭載「iPad Pro」は来年1〜3月に登場か − 「MacBook Pro」は第2四半期に量産開始との噂

MacRumorsによると、DigiTimesが、Appleは2021年第1四半期(1〜3月)にミニLEDディスプレイを搭載した新型「iPad Pro」を発売し、第2四半期にはミニLEDディスプレイを搭載した新型「MacBook Pro」の量産を開始する予定だと報じていることが分かりました。

FoxconnとCompalがミニLEDディスプレイを搭載した新型「iPad Pro」の組み立てを受注する予定で、M1チップを搭載した「MacBook Pro」シリーズは主にQuantaが生産し、Foxconnも一部を生産するとのこと。

また、ミニLEDディスプレイを搭載した「iPad Pro」と「MacBook Pro」向けのチップは5nmプロセスを採用し、台湾のTSMCが独占的に製造する模様。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。