M1チップのCinebenchのベンチマーク結果も明らかに − 「MacBook Pro 16インチ」同等かそれ以上の結果に

先日よりM1チップ搭載MacのGeekBenchのベンチマーク結果をいくつか紹介していますが、本日、Cinebenchのベンチマーク結果も明らかになりました。

これは早くもM1チップ搭載「MacBook Pro」が届いたAli King Fans IntlというユーザーがTwitterで公開したもので、Cinebenchは主にCPUの性能を測定するベンチマークソフトとなっており、M1チップにも対応済みです。

ベンチマークに使用されたのはM1チップ搭載「MacBook Pro」のRAMが8GBで、ストレージが512GBのモデルで、結果はシングルコアのスコアが1498、マルチコアのスコアが7508となっており、このスコアはIntelの第11世代プロセッサの一部モデルと同等レベルとなっているそうです。

また参考までに、「MacBook Pro 16インチ」のローエンドモデル(2.6GHz 6コア Core i7)のスコアは1113と6912、上位モデル(2.3GHz 8コア Core i9)のスコアはマルチコアのみですが8818となっており、「MacBook Air (Early 2020)」の上位モデルのスコアは1119と4329で、シングルコアは「MacBook Pro 16インチ」を上回り、マルチコアは同等レベルの性能があることが分かりました。

なお、M1チップの動作周波数は3.1GHzと表示されており、GeekBenchの3.2GHzと少しだけ差があります。

[via MacRumors

スポンサーリンク