Microsoft、「Windows 10 バージョン 1809」のサポートを終了

現地時間の本日11月10日をもって、Microsoftが「Windows 10 バージョン 1809(October 2018 Update)」のサポートを終了しました。

本バージョンは本来であれば2020年5月12日にサポート終了となる予定でしたが、新型コロナウィルスの影響が拡大していることから、顧客の負担を低減するためサポート期間が延長されていました。

対象となっているのは、Home、Pro、Pro Education、Pro for Workstations、IoT Coreの各エディションで、本日リリースされるセキュリティ更新プログラムが最後のセキュリティ更新プログラムとなり、まだ「Windows 10 バージョン 1809」をお使いの方はアップデートをオススメします。

Microsoft、新型コロナ対策で「Windows 10 バージョン 1809」のサポート期間を半年延長