「Google Pixel 5」の隙間はデザインの正常な部分で機能性にも問題なし

先日、「Google Pixel 5」の一部ユーザーからディスプレイとフレームに隙間がある問題が報告されていることをお伝えしましたが、Googleがこの隙間はデザインの正常な部分であるとの見解を明らかにしたことが分かりました。

Googleは実機や工場からの品質管理データを調査した結果、ディスプレイと本体の隙間のばらつきは”デザインの正常な部分”と回答しており、懸念された防水・防塵性にも問題はないとのこと。

「Google Pixel 5」のディスプレイと本体は、接着剤に加えて5つのクリップで固定されており、容易に外れることはないものの、その状態で長期に使用した場合にどうなるのかは分かりません。

なお、Googleはユーザーの懸念事項については個別に対応するとも述べており、気になる方はサポートに問い合わせることをオススメします。

[via 9TO5Google

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。