Apple、iOS向け動画作成アプリ「Clips」をアップデート ー HDRビデオの編集対応など

本日、Appleが、iOS向けの動画作成アプリ「Clips」をアップデートし、最新版のバージョン3.0をリリースしています。

今バージョンでの変更点は下記の通り。

  • 9:16縦向き、16:9横向き、3:4縦向き、4:3横向きを含む新しいサイズでビデオを録画および作成できます
  • iPadを縦向き、横向き、およびキーボードケースを付けて使用しているときにビデオを作成できます
  • セルフィーシーンを任意の向きで録画でき、周りの様子をさらに録画できます
  • 縦向きと横向きのすべてのビデオサイズに自動的に適応する、アップデートされたポスターを使用できます
  • 新しいフルスクリーンのデザインで、キャプチャしている内容を詳しく確認できます
  • 再設計されたエフェクトおよびメディアブラウザを使って、より簡単にコンテンツをブラウズしたり、ビデオに追加したりできます
  • Apple Pencilを使ってラベルやポスターのテキストフィールドに書くことができます
  • 14の新しいカラフルなテキストとシェイプのステッカーをソーシャルビデオに追加できます
  • ビデオの長さに合わせて自動的に調整される25の新しいサウンドトラックを選択できます
  • 新しい共有オプションを使って、サポートされている縦向きまたは横向きのすべてのサイズで動画を共有できます。送信する前にビデ
  • オをプレビューできます
  • iPhone 12およびiPhone 12 Proの背面カメラでハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオを録画できます
  • HDRビデオを写真ライブラリから表示、編集、共有できます

HDRビデオを編集および共有するには、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8 Plus、iPhone X以降、iPad mini(第5世代)、iPad(第7世代)以降、iPad Air 3以降、10.5インチiPad Pro以降が必要となっています。

なお、同アプリは無料で、下記よりダウンロード可能です。

Clips

Clips

Apple無料

「iPhone 12」シリーズの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。