「iPhone 12」、5G接続時は4G接続時よりもバッテリー駆動時間が20%短くなることが明らかに

Tom’s Guideが、「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」で5G接続時と4G接続時でのバッテリー駆動時間の違いを検証するテストを行った結果を公開しています。

テストはディスプレイの明るさを150nitに設定し、30秒ごとに新しいサイトを読み込み、バッテリーが残量がゼロになるまでの時間を測定したものとなっています。

結果は、5G接続時は「iPhone 12」が8時間25分、「iPhone 12 Pro」は9時間6分で、4G接続時は「iPhone 12」は10時間23分、「iPhone 12 Pro」は11時間24分となり、5G接続時は4G接続時よりも約20%もバッテリー駆動時間が短くなることが分かりました。

また、この結果は同じテストを実施した5G対応のAndroid搭載スマホのバッテリー駆動時間を下回るものとなっているそうです。

なお、「iPhone 12」シリーズには、バッテリー駆動時間が大幅に短くならない場合のみ5Gを使用する「スマートデータモード」が搭載されている他、設定で「5Gオン」「5Gオート(スマートデータモード)」「4G」を選択することが可能となっており、バッテリー駆動時間が気になる場合はこの設定を駆使する必要があるかもしれません。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。