Adobe、「Illustrator」のiPad版を配信開始

本日、Adobeが、予定よりも1日早く「Illustrator」のiPad版をリリースしました。

「Illustrator」のiPad版は、ペンと紙で描くように自然で、精密にデザインでき、鉛筆ツールのジェスチャーでグラフィックの結合やカットができるため、不要な領域を簡単に削除できる他、ポイントグラデーション、リピートラジアル、パターン、シンメトリーなどの新しい効果を使って、グラフィックを多彩に演出することも可能です。

また、「Illustrator」のiPad版で作成したものは自動的にクラウドに同期されるため、デスクトップ版とiPad版のどちらを使っても最新バージョンにアクセスすることが可能な他、17,000種類を超えるフォント、20以上のカラーパレット、著名なクリエイターが案内する最新のライブストリーム、ガイド付きチュートリアルが付属しています。

なお、アプリ単体で利用する場合の月額価格は1,080円(1か月の無料体験期間あり)となっており、Adobe Creative Cloudでデスクトップ版「Adobe Illustrator」を購入しているユーザーは無料で使用可能です。

Adobe Illustrator – App Store

[via マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。