「iPhone 12」シリーズのRAMの容量が判明 − 「iPhone 12 Pro」シリーズは6GB、「iPhone 12/12 mini」は4GB

MacRumorsによると、「iPhone 12」シリーズのRAM(メモリ)の容量が明らかになりました。

これは開発者向けにリリースされている「Xcode 12.1 Beta」のplistファイルを調査した結果明らかになったもので、「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は6GBのRAMが搭載されており、「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」は4GBのRAMが搭載されていることが分かりました。

「iPhone 11」シリーズは全てのモデルが4GBだった為、「iPhone 12 Pro」シリーズでは2GB増強されたことになります。

また、「iPhone 12 Pro」とみられるデバイスのGeekBenchのベンチマークデータも明らかになり、シングルスコアが1,590、マルチコアが3,120で、シングルコアの値は同じ「A14 Bionic」チップを搭載する「iPad Air (第4世代)」と同じであるものの、マルチコアのスコアが大幅に低くなっており、まだきちんと測定出来ていないものとみられています。

 シングルコアマルチコア
iPad Air (第4世代)
A14 Bionic
15834198
iPhone 12 Pro
A14 Bionic
15903120
iPhone 11 Pro
A13 Bionic
13273286
iPad Air (第3世代)
A12 Bionic
11122832

「iPad Air (第4世代)」のベンチマークデータが明らかに − 「A14 Bionic」チップの動作周波数は2.99GHzでRAMは4GB